なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学

画像:なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学

  • 著者名:パコ・アンダーヒル
  • 出版社:早川書房
  • 価格:1,890円(税込み)
  • 出版日:2001/2/22

Amazonで購入する

書籍内容

ちょっとした工夫で、売上げ効果絶大。「つい、買ってしまう」「絶対、買わせる」のしくみ、大解剖!徹底したフィールドワークで、「商品化計画から商品の陳列・販売促進にいたる小売りの店づくり」と「見落しがちな顧客の行動と思考パターンへの対応」、「変化する顧客のニーズへの対処」を明かす。スターバックス、シティバンク、GAPなど、数々のクライアントを小売業界の第一線へと導いてきた究極のノウハウ“ショッピングの科学”を大公開。

書評・レビュー

市場を分析する暇があれば、顧客を観察しろ!一言で言えば、こんなメッセージがふさわしい本です。

顧客に気づかれないように店で観察して、顧客が何を眺め、何を手に取ったかを記録して、ついつい買ってしまう戦術を作り上げてしまう手法や視点は目から鱗です。

画像:鈴木 進介

推薦するコンサルタント:鈴木 進介

大学卒業後、富士通グループにてコンピュータの営業、商社で半導体の法人営業職を経て、2000年に(有)エフティーシーを設立。代表取締役に就任し、パソコン教室の経営、インストラクターの派遣事業を中心に事業展開。パソコン教室事業では半年以内に生徒数が100名を突破し、地域一番店に。同時に起業家交流会を組織化し、数多くの新規事業の支援に携わる。2001年にコンピュータ関連事業を売却し、業容を新規事業に特化した経営コンサルティング業に業態転換。2005年に増資。組織・商号変更を行い、(株)コンパスを設立。代表取締役に就任し、現在では新規事業プロデューサーとして数多くの新規事業の創出や起業家型人材の育成に携わる。

プロフィールを見る

ページの先頭へ