21世紀の国富論

画像:21世紀の国富論

  • 著者名:原 丈人
  • 出版社:平凡社
  • 価格:1,470円(税込み)
  • 出版日:2007/6/21

Amazonで購入する

書籍内容

シリコンバレーで数々の企業を成功させてきた実業家が語る日本の未来。

書評・レビュー

最近、書店の平台には賞味期限サイクルの短い軽薄本が多いような気がしています。この本も初めはその類かなと思っておりましたが、読み出すと地に足が着いている人間が自信をもって世の中に静かな闘いを挑んでいるような印象を受けました。読後感は新しいことにチャレンジしよう、顔を上げて歩いて行こうという気持ちになります。公益資本主義という言葉が新しい世界の概念として出て来ますのでこのことについて考えてみることをお勧め致します。

画像:敦賀 正樹

推薦するコンサルタント:敦賀 正樹

1970年生まれ。学生の頃より様々な商売に関わり、陸上自衛隊にて武官付き秘書等を経て、ナショナルチェーンのコーヒーショップにおいて店長、スパーバイザーを振り出しに管理部門マネージャー、人事制度改革プロジェクトや経営トップの秘書として経営統合や経営戦略に参画。その後、外資系投資銀行から依頼を受け、民事再生法適用後のリゾートホテルの総支配人として着任。ホテルコンセプトやマーケティング戦略の変更、人事、組織の見直しなどを通して短期間でのリ・ブランディングを指揮。2010年に独立開業。現在は事業開発、リ・ブランディングをテーマとした基本戦略の転換、人事制度のリ・ニューアル、管理会計システムの変更などの機能別戦略の見直し、そして最も得意としているビジネスプロセスの分解を通して実施されるオペレーションの改善などで活躍中。

プロフィールを見る

ページの先頭へ