ビジネス書の出版支援

あなたの本を出しませんか?経営コンサルタントの出版をプロデュースします!

1年間で約8000点もの新刊が出版されているビジネス書。
コンサルタントにとって出版デビューは、メジャーになるための絶好のチャンスです。
しかし、出版社への企画持ち込みは非常にハードルが高い。
出版社側の事情や、今どのような企画が求められているのかを理解しておかなければなりません。
またせっかく出版が実現しても、著者の買い取り条件が割高であり、また自費出版や著しく流通させる力のない出版社であるため書店にほとんど流通しなかったり、苦労して書き上げた著書がビジネスとして失敗に終わるケースも少なくありません。
そこで当社では、長年ビジネス出版社の編集者の立場で業界に携わってきたアドバイザーとの提携により、「コンサルタント向けの出版プロデュース」のサービスを開始しました。
※コンサルタントの方以外の、一般のビジネス書プロデュースも行っております。

提供サービス
  1. 出版社に売り込みたい企画書へのアドバイス
  2. 出版社への企画持ち込みサポート(企画書の作り方、提案の仕方)
  3. 著作権、印税、出版条件に関するアドバイス、交渉代行
  4. ライターの手配(ご希望に応じて)
  5. 進行管理、予算管理
  6. 出版記念講演会・セミナーの企画・運営(出版社との交渉による)
本サービスの特徴とメリット
  1. ビジネス出版の編集者側の視点で支援(業界経験二十数年のベテランが担当)
  2. ホームラン(大ベストセラー)ねらいでなく、出版される確度の高いロングセラーを目指したアドバイスをします
  3. 業界を知らないばっかりにかかる手間ヒマ、無駄な時間、回り道を軽減します
  4. 個別のコンサルタントの専門性を見極めた、具体的なアドバイスを行います
  5. 出版社との印税・出版条件などの条件交渉を専門家の立場からサポートします
  6. 結局は「依頼したほうが、より確実で安上がり」というコストパフォーマンスの高さを目指します
予算の例 ※これは一般的なケースを想定した例です。個別に異なります

書店流通のビジネス書・初版4,000部・定価1,200円・印税率8%の場合

・流通部数 ・・・4,000部
・印税 ・・・定価1,200円×8%=96円。96円×4,000部=38万4000円
サービス費用
  1. 出版企画書 メール添削アドバイス・・・1件につき15,750円
  2. 面談ヒアリング、プロデュース方針の決定・・・105,000円(2~5まで含む)
  3. ターゲットの出版社の選定(複数)・・・上記に含む
  4. 企画書のブラッシュアップ(添削・アドバイス)・・・上記に含む
  5. 出版社の選定、紹介 ※同行は原則しません・・・上記に含む
  6. 出版社への同行、条件交渉、契約、編集代行・・・別途見積り※成功報酬
留意点
  • ※企画書の添削・アドバイスのみご希望の場合は、(1)をご利用ください。
  • ※総合的なプロデュースをご希望の場合は、(2)~(5)をご利用下さい。面談場所は都内となります。
    都内での面談ができない場合は、電話・メールでのアドバイスとなります。
  • ※一律のサービスでは ありませんので、個別のケースに応じてアドバイスをさせて頂きます。
  • ※実際のコンサルタントのキャリア、専門分野、企画案を考慮してプロデ ュース業務を受託いたします。
    内容によりお受けできないケースもございますので、予めご了解下さい。
  • ※コンサルタントの方以外の、一般のビジネス書プロデュースも行っております。
出版プロデューサー・本多泰輔氏について

プロデューサー・本多泰輔氏は、ビジネス出版社(版元)で20数年の経験をもつベテラン編集者から、出版支援プロデューサーに転身した人物です。

その考え方について詳しく知りたい方は、本多氏編集のメールマガジン『コンサル出版フォーラム!本はあなたをメジャーにする』をご一読下さい。

出版プロデュース お問合わせ・お申込みはこちらへ

ページの先頭へ